911陰謀論 #48 抑圧的な政策

911陰謀論 #47 では、キーン委員会がまとめた9/11委員会報告書についてまとめました。

次のタイトルは抑圧的な政策です。
テロが起きた後のアメリカで制定された法律や軍事的アクションには抑圧的な政策が多数ありました。
最初にこれを列挙して、それ以降で詳しくまとめます。


弾圧の根拠としての9/11攻撃

9/11攻撃は、市民の自由を侵食して破壊し、人権を攻撃し、そして政府関係者や企業の説明責任を減少させる急きょ制定された政策を正当化させるものとして使われています。基本的な自由に対するこの暴行は、新しいテロとの戦争が自由を守るために必要だというオーウェルの主張で幕を開けました。

これらの悪用の最悪ともいえる完全な会計処理は、9-11研究の範囲を超えています。その代わりに私たちは、9/11以降の世界でテロと戦うことを装ってアメリカと世界の市民に強制させた抑圧されたポリシーとアクションを広い用語でまとめます。


立法と執行アクション

自由への攻撃というタイトルのセクションで、私たちはテロとの戦争を正当化しようとする立法と執行措置を検討します。9/11を前提とした法律は以下のものに顕著に含まれています。
  • 米国愛国者法は、2001年9月24日に議会に提出し、憲法で保護された幅広い自由を攻撃しました。愛国者法の通過を遅らせようとした2人の上院議員は、炭疽菌を含む手紙を受け取りました。
  • 2001年11月25日に通過した国土安全保障法は、政府の秘密を増大し、市民のプライバシーを侵食し、特殊な利益を増加しながら、新たな国土安全保障省に既存の連邦政府機関を統合しました。
  • 軍事委員会は、憲法軍事法廷システムの青写真を提供し、人権侵害に起因する訴訟からブッシュ政権を守りながら、2006年10月18日に通過しました。
2001年9月からの一連の行政命令は、のちに立法措置によって多数がゴムスタンプで押されることになる抑圧的なさまざまな政策を制定しました。

アメリカ政府の司法部門は、様々な違憲行為の条項の一部を宣言し、テロとの戦争ではいくぶん消極的なプレーヤーとなっています。


軍事行動

軍事行動に通じる9/11後の課題の実装では、それらのアクションを承認する立法と執行令の発行とを並行して進められてきました。これらのアクションが含まれています。
  • アフガニスタンとイラクの攻撃と継続的な占領
  • ブッシュ政権による「敵戦闘員」とみなされた個人の無期限の拘留
  • アメリカの拘留中の個人の拷問や殺人


911陰謀論 #49 につづく

参考URL
http://911research.wtc7.net/post911/policies.html

0 件のコメント:

コメントを投稿